福岡の弁護士による交通事故の相談所

交通事故福岡弁護士法律相談所

交通事故に強い弁護士に相談をする理由

できる限り早く!交通事故に強い弁護士に相談をすべき3つの理由

交通事故が発生した場合、警察・保険会社にはすぐに連絡をされるかと思います。

しかし、弁護士にもできる限り早期に相談をしていただきたいのです。その理由は3つあります。

1. 記憶が鮮明なうちに交通事故の状況を情報として共有しておくべきであること

人の記憶は時間とともに変わり、失われていきます。

交通事故発生は何時くらいのことだったか?交通事故現場はまだ明るかったか?暗くなっていたか?一方通行を守っていたか?スピードはどのくらい出していたのか?車線をはみ出していなかったか?交通事故の相手はどのくらい遠くにいたのか?自分はどこに立っていたか…交通事故の案件によって様々な事実関係を明らかにする必要があり、交通事故事業部の弁護士や専門スタッフからもお伺いします。

交通事故の記憶を福岡支部弁護士と共有する

事故状況は、交通事故による損害の賠償請求において、過失割合や因果関係が争いになった際に重要になってくることがあります。そのため、交通事故の記憶が鮮明なうちに、情報を整理しておく必要があるのです。

2. 交通事故の後遺症が残ってしまった場合、自賠責の認定等級が賠償金額を左右します

福岡は統計上、交通事故件数、飲酒運転事故件数が多い地域で、重大かつ悲惨な事故も発生しています。交通事故により受傷した場合、懸命に治療を受けても、残念ながら交通事故の後遺症が残る場合があります。

この場合、交通事故の後遺症について、自賠責保険において後遺障害の等級認定をするのですが、交通事故の後遺症ならどんなものでも後遺障害として認定されるわけではなく、自賠法施行令に規定されている交通事故の後遺症のみが後遺障害として認定されます。そして、自賠責保険において後遺障害の等級認定がされない交通事故の後遺症については、実際上補償を受けることが困難です。そのため、交通事故の後遺症に見合った後遺障害等級認定を受けることは、適正な損害賠償を受けるために極めて重要なのです。

上記の後遺障害の等級認定に当たっては、医療的な知識が必要となります。弁護士法人ALGでは、医療的な問題が絡む交通事故の場合も、医療に強い弁護士と連携することによって適切なサポートを行っています。

3. なるべく早期に保険会社に弁護士が受任していることを知ってもらうこと

保険会社も営利企業ですので、交通事故の被害者に対してであっても保険金の支払いをなるべく少なくしようと努力します。その意味で、保険会社も示談交渉のプロといえます。そのようなプロに言いくるめられてしまい、争うことができなくなってしまってからでは遅いのです。

交通事故福岡弁護士法律相談所の弁護士は代理人として依頼者の最大限の利益を確保するために、保険会社と細心の注意を払って交渉をします。そのため、適正な賠償金を受取ることが可能になります。

弁護士法人ALGが交通事故に強い理由

交通事故事業部を設置

弁護士法人ALGの交通事故事業部

交通事故に強い弁護士が対応します。

日本有数の交通事故事業部制による徹底した専門特化性が選ばれる理由です。

累計相談件数16,679件 ※H19.7月~H27.12月の実績

大抵の法律事務所では、交通事故を取り扱う弁護士は相続や離婚・刑事事件など様々な案件を同時に抱えて、事務員は淡々と事務処理を行っています。弁護士法人ALGは、分野毎に事業部を設置して当該分野に特化した弁護士と事務員が事件解決に当たっており、交通事故についても交通事故に強い事業部が設置されています。

交通事故専門スタッフには保険会社出身者もおり、月に2回程度、交通事故事業部の弁護士のみならず事務員も含めたスタッフ全員で勉強会を行い、交通事故に関する知識のブラッシュアップ、共有を図って日々研鑽を積んでいます。これにより、交通事故に関する相談への的確な回答、スピーディーな案件対応、より有利な事件解決が実現されています。

また、交通事故に強い弁護士と事務員が交通事故事業部という組織として事件に対応しているため、「弁護士が不在で折り返しもなく、事務員からも『私ではわからない』と言われて進捗状況がわからない。」などということもありません。

交通事故事業部は医療事業部との連携で強い!

交通事故福岡弁護士法律相談所には医療事業部がある

交通事故事業部と医療事業部がスムーズに連携します。

無料相談で解決までのルートマップを示すことが信頼につながっています。

当初提示額より2,724,480円増額!

同じように、交通事故専門を掲げる法律事務所は多数存在します。しかし、交通事故事件において必要となる知識は、法律知識に限られません。とくに交通事故で大きな怪我を負われた場合や後遺症が残った場合には、自賠責に対する後遺障害等級認定申請手続き、賠償額の算定にあたって医学の知識が必要とされることもあります。この点、通常、弁護士は法律知識には堪能ですが、医学知識を学んだことはありません。

交通事故福岡弁護士法律相談所では、早くから医療事業部を立ち上げて医療過誤訴訟に力を入れてきたことから、医学的な問題についての経験、実績を蓄積しているうえ、協力医の強力なネットワークを有しております。そのため、医療問題が絡む交通事故であっても、医療に強い弁護士の協力を得て適切な対応をすることができます。

交通事故福岡弁護士法律相談所は即日対応で、費用は後払い可

交通事故福岡弁護士法律相談所ならカード払い可能

相談料無料、着手金0円、弁護士費用後払いの料金システムをご用意しています。

安心してご相談ください。

交渉期間最短1ヶ月 ※事案により異なります

弁護士法人ALG 交通事故福岡支部より

交通事故福岡支部長の挨拶

交通事故福岡弁護士法律相談所の弁護士今西眞

交通事故福岡支部長弁護士の 今西 眞 です。福岡支部において、みなさまの交通事故案件の担当をさせていただきます。

ここ福岡は、飲酒運転により追突された車に乗っていた人のうち、子供3人が犠牲になり危険運転致死罪の適用がされた事件や、近年でも危険ドラッグを吸引した状態での運転で15名の重軽傷者を出すなど、悪質な交通事故が多発する地域です。

しかしながら、弁護士は東京に集中するばかりで、福岡は地方都市として今でこそ交通事故事業部を打ち出す事務所も増えましたが、従来ながらの事務所もまだまだ多いのが現状です。私は、より高度かつ専門的なリーガルサービスを提供すべく、当法人の福岡支部長として、その使命をもって着任いたしました。

当法人が擁する交通事故事業部はすでに複数ある支部や、全国の皆様から毎日多くの交通事故のご相談を受けて、上記のように多数の事件の解決に貢献させていただいております。日々の交通事故のご相談に対する誠実な対応とたゆまぬ研鑽により培われた高い専門性を有する弁護士のリーガルサービスは、必ず皆様のお役に立つことができると考えております。

弁護士法人ALG 代表の挨拶

交通事故福岡弁護士法律相談所の代表弁護士金崎浩之

交通事故にお悩みのみなさま。弁護士法人アヴァンセリーガルグループの代表の金﨑浩之です。このたび、7番目として交通事故福岡支部を開設させていただくことになりました。

交通事故案件に関しては、弁護士になりたての頃に担当をしました。その時には医療知識も案件の専門知識も乏しく、記号と暗号のような医療専門書と、膨大な量の交通事故の文献を前に、何かの案件の片手間に受任することは、厳しい!という経験をしました。

その時の経験をもとに、交通事故を専門に扱う弁護士とスタッフを組織して専門性を磨かせたのが交通事故事業部です。当法人では、依頼者のための最高のリーガルサービスを提供できるようにすべきという信念のもとで、すべての弁護士およびスタッフが執務を行っています。私自身さらに高い専門性を獲得するため、時間を縫っては大学に通い医療の知識を深めています。

福岡は痛ましい交通事故のニュースに触れる地域です。当法人が培ってきた高度な専門性で、一生に一度あるかないか、そして人生を変えてしまうかもしれない出来事に対して全力でサポートさせていただきたいと思います。交通事故の相談は無料です、まずは電話相談で、あなたのお悩みをお聞かせください。

Page Top